横浜市青葉区で羊毛フェルト教室を主宰しています。羊毛の優しい手触りで心も身体も癒される時間を大切にしています。力を抜いて参加できる教室です。初心者の方でも、ぶきっちょさんでもだれでも1回目からステキな作品を完成してお持ち帰りできます。自分だけのオリジナルの作品を一緒に作ってみませんか。

by arbor

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

誕生日

b0308522_21582555.jpg




昨日は、息子の11歳の誕生日だった。息子が生まれたのがつい昨日のことのような、、。
しかし、この11年の間には、人生観がひっくり返るような出来事がいくつも起きて、何人もの人の人生を生きた気分もする。まあ、○○年生きていたら、そう感じてきますよね。
今子供達に切に願うのは、『 今、この瞬間を大切に』。一瞬、一瞬を生き切っていたら、進むべき道は見えてくるよ、と。
[PR]
by thames37820 | 2014-04-26 21:50

新学期

b0308522_0203953.jpg

新しい年度が始まりました。息子が通う小学校。校門までの殺風景なコンクリート壁の途中に、このようなお花を綺麗に寄せ植えをした植え込みがいくつかあります。季節ごとにお花が変わり、楽しみです。子供たちも毎日、美しいものを目にすることは大切ですよね。
教育は芸術であり、芸術は教育でもあります。新しい年、たくましく 美しく成長して欲しいと願いました。
[PR]
by thames37820 | 2014-04-12 00:11

花吹雪のアーチ

b0308522_03696.jpg

b0308522_03782.jpg

大学時代に住んでいた、京王線上北沢。アメリカ時代の友人が住んでいるので、お花見を兼ねて○○年ぶりに訪れてみました。道の両側に桜並木が続きます。桜が散り始め、それが美しい。日本人の郷愁をそそられます。

下宿していた場所を探して歩きました。が見つからず。かつての記憶を辿りつつ行ったり、来たり。大家さんは、当時すでにご年配のご夫婦で、階下でお茶とお花の教室を開き、立派な日本庭園があったお宅。記憶に残っているコインランドリーと自販機が道向こうにあったが、下宿先があっただろうと思う場所は、今は駐車場に。
しばし良く見ると、裏手に小さい扉が塀と共に残っているのを見つけ、確信。そう、その扉から私は出入りしていたのです。地方から出て来て、初めての一人暮らし。不安や心配でいっぱいだったけれど、階下には優しい大家さん夫婦が住んでいると思うだけでホッとしたのを思い出しました。

あの頃から長い月日が流れたことを、ヒシヒシと感じてしまいました。しかし、桜は今も変わらず美しい姿でそこにたたずみ、さみしい思いを抱いた私の心を暖かく包んでくれたのです。かつてより一周りも二周りも立派になって。
[PR]
by thames37820 | 2014-04-05 23:25

満開の桜の千鳥ヶ淵

b0308522_1012961.jpg

b0308522_1013019.jpg


4月1日ということで、ピカピカの新入社員の人や、武道館での大学入学式に参列の親子でごった返していましたが、やはりお花見には絶好の場所、千鳥ヶ淵。
アメリカの時の友達と親子で久しぶりにお花見へ。私も○○年前には、武道館で大学入学式、卒業式をしたなあ〜と懐かしく思い出しながら、7年ぶりの日本の満開の桜を堪能して来ました。
[PR]
by thames37820 | 2014-04-02 09:47